【Branch公式LINE】はこちら 友だち追加

母子分離が難しいです– 本田秀夫先生インタビューより

Branchユーザーさんからの「不登校」や「行き渋り」に関する質問を、本田秀夫先生(信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室 教授)にお尋ねしました。

その内容の一部を紹介していきます。

YouTube▷「学校行きたくない」の言葉は子どもにとっては問題の始まりではなく最終段階【信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授本田秀夫先生】

目次

保護者からの質問「母子分離が難しいです」

現在小3息子ですが、家から出ることができなくなってしまいました。私(母)が仕事に出る時は前の日から寝ない、出かける際には大泣き、壁に頭ぶつけるなど繰り返すようになりました。子どもの不安が無くなるまで、どのように声がけし、どのような生活を心がければいいでしょうか?

本田秀夫先生の回答

母子分離が難しくなったプロセスを整理する

頂いてる質問の中では1番難しいものの1つです。
母子分離が難しくなったプロセスが分からないんですよね。
小学校3年生になってから家から出ることができなくなってしまったということなのか、もしそうだとすると小学校2年生までは家から出られたのか?

あと、そのお母さんが仕事に行ってらっしゃるってことなんですが、前から仕事をずっとやってらっしゃるのか?
そうすると前はお母さんが仕事に行ってる間平気で留守番ができていたのが、ある時期から留守番できなくなって離れたくないと泣くようになったのか?

それとも小さい時からずっと母子分離が難しい状態が続いてるのかが分からないんですよね。
要するに小さい時から母子分離不安が続いてるんだとすると、元々この方が持っている特性の1つとしてお母さんがそばにいないと不安が強まるという特徴はずっとある方だと思うんです。

もし一時期は大丈夫だったのにある時期からこれが難しくなったんだとすると、何か理由があるはずなんですよね。
厳密に言うと、きっかけになる理由と、それから「母子分離が難しいという状態が定着しちゃう」理由があるんです。
きっかけは、何かの拍子でお母さんがいなくてとても不安になったみたいなことがあるんですね。

例えば、お母さんがいない留守の間に電話がかかってきて対応が難しかったとか。そういうのがちょっとトラウマ体験になってしまったみたいなきっかけがあるかもしれないんです。

それに対して、その後の対応が本人にとっては納得のいくものじゃなかったから、より不安になってしまったみたいな場合もあるんですよね。

その辺りの経過を聞いてみないとこれは分からないんですよね。

なので、もし定期的に通ってらっしゃる相談機関とか医療機関があれば、そこで個別の事情も含めて話して対応を考えた方が良いかなとは思います。

Branch roomでのプログラムの様子

いかがでしたか?

Branchでは、発達障害や不登校に関する情報を発信しています。

気になった方は、過去の記事もぜひご覧ください。


ライター&インタビュアー:中里祐次

Branch代表。早稲田大学卒業後、㈱サイバーエージェント入社。子会社の役員など約7年勤めた後にサイバーエージェントから投資を受ける形で独立。自分の子どもがレゴが好きで、東大レゴ部の方に会いに行った時に目をキラキラさせていたのを見てこのサービスを思いつきました。好きなことは、漫画やアニメを見ること、音楽を聞くこと、サウナ、トレイルランニング、かなり多趣味です。Branchの子どもたちに鍛えられて子どもが好きな遊びはたいていできるようになりました。

【Branch公式LINE】役立つ子育て情報を配信中!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる