【Branch公式LINE】はこちら友だち追加

どんな時に「うちの子、読み書き障害かも?」と思ったか

どんな時に「うちの子、読み書き障害かも?」と思ったか

Branchでは定期的に利用者さんに向けて発達障害や不登校に関連する内容についてアンケートを取って、内部でシェアしています。

今回は過去に取ったアンケートの内容を一部公開いたします。

目次

「うちの子、読み書き障害かも?」と思ったきっかけや場面があれば教えてください。

  • 保育園の年長時、「ひらがな五十音を書く」「日記を書く」活動がありました。先生からは「一生懸命、とても丁寧に書いています」と言われ、頑張り屋だなぁと思っていました。園に貼り出された息子の文字を見ても、書字の苦手さがあるとは思えないくらい、違和感はありませんでした。
    一方で、通っていた療育センターの作業療法士さんからは「ボディイメージが弱いので、鉛筆で字を書くのはかなりしんどいはず。小学校ではホワイトボードで大きく字を書く練習をしてから鉛筆を使い始めたほうがいい」と言われていました。
    実際入学すると、「隣の席の〇〇くんと同じような字が書けない!こんな自分はバカでダメなヤツだ!」と頭を叩き始め、その時に初めて息子の書字の苦手さを認識しました。本人はきっと、1年近く前から書字がしんどかったのだと思います。自分の辛さを認識して言葉にできるようになるには、時間がかかるのだと知りました。
  • 息子は書字が苦手なのですが、自分の書いた字に納得がいかず何度も消して紙が破れて癇癪、夏休みのプリント1枚を終わらせるのに1時間かかる、まだ学校に行っていたときは連絡帳を書き切れず昼休みを潰して書く、など。
    もっと早く気づいて、がんばらせなければよかったなあと今では思います。
  • 漢字など読むのは得意だが、書くのは苦手。保育園や学校に入学してから書く場面が増え、書く事に困難な場面が増えた事がきっかけ。
  • 入学後、宿題をやるのがあまりにも難儀に見えたため。漢字の書き取り等の反復が辛そうです。普段のノートや板書も非常に読みづらいです。
  • 漢字の書き練習で、最初から書き順を伝えてもその通りに出来ないことや小学2年の後半は練習すら嫌がるようになり、次第に拒否が強くなったため。
  • 字を書くがうまくならず、こちらが読むことが不可能。元々手先は不器用なので、そうかなとは思っていた。
  • 漢字ドリルを嫌がった
  • 音読を嫌がる。短い文なら読もうとするが、長い文には意欲が出ない様子。
    漢字ドリルでふりがなを書くときに「めんどくさいー」となり、書こうとしない。読めればいいかと思い、声に出して読んでもらって、読めているか確認している。
  • 同じ字の同じ部分(トメ、ハライ)を何度指摘しても直さない。綺麗な字を書こうという意識がない。
  • 5歳時、WISCのテスト時に、鉛筆の持ち方、使い方が大変そう、将来、書字障害の診断がつく可能性があると言われた。小学校入学後、ひらがなプリントを嫌がり、鉛筆を持ちたがらなくなり、字を書かなくなった。それ以降、指先を使う作業、ボタンをとめる、ハサミを使う、箸を使うなども嫌がるようになった。
  • 3年生の頃から漢字を象形文字のように書くようになり、覚えれないのか面倒くさいのか漢字に対して拒否反応のようなものが起こり始めました。漢字の宿題を始めると、イライラしてきてう゛~っ、あ゛~っと恐竜の咆哮のような感じで吠えるので、毎日の宿題が本当に辛かったです。
  • 頭の中のイメージと、実際書いた文字や絵が違うとイライラしています。『俺は絵が下手だから』とよく言っています。

Branchでは、発達障害や不登校に関する情報を発信しています。

気になった方は、過去の記事もぜひご覧ください。

ライター:中里祐次

Branch代表。早稲田大学卒業後、㈱サイバーエージェント入社。子会社の役員など約7年勤めた後にサイバーエージェントから投資を受ける形で独立。自分の子どもがレゴが好きで、東大レゴ部の方に会いに行った時に目をキラキラさせていたのを見てこのサービスを思いつきました。好きなことは、漫画やアニメを見ること、音楽を聞くこと、サウナ、トレイルランニング、かなり多趣味です。Branchの子どもたちに鍛えられて子どもが好きな遊びはたいていできるようになりました。

【Branch公式LINE】役立つ子育て情報を配信中!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる