【Branch公式LINE】はこちら友だち追加

「苦手なことのチャレンジばかりしていて良いのでしょうか?」 – 本田秀夫先生インタビューより

Branchユーザーさんからの「不登校」や「行き渋り」に関する質問を、本田秀夫先生(信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室 教授)にお尋ねしました。

その内容の一部を紹介していきます。

YouTube▷「学校行きたくない」の言葉は子どもにとっては問題の始まりではなく最終段階【信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授本田秀夫先生】

目次

保護者からの質問「苦手なことのチャレンジばかりしていて良いのでしょうか?」

通級に行っていて、民間の療育にも通っています。
苦手なことへのチャレンジ(ひらがなを3年間書き続けるなど)が多く、このままでいいのか心配です。

\ 発達障害や不登校の子の子育てに役立つ情報を配信中 /

本田秀夫先生の回答

ひらがなが苦手で3年間書き続けてるのなら虐待

「ひらがなが苦手だから頑張ってチャレンジしましょう」ということを3年間続けてるんだとしたら、これ虐待ですよね。
もしひらがなが苦手だと分かっていなくてやってるんだとしたら悪意のない虐待ですよね。

ちゃんとアセスメントをしてもらってるのかどうかじゃないでしょうか。

どのくらいの量でどのくらいのレベルのことをやるのが、その子にとって最もストレスなく学べるのかっていうことのアセスメントもしないで3年間もやってるのは虐待ですね。

3年間やってるってことは、要するに3年間頑張っても成果がなかったということなので、これはもうはっきり言って意味のないことをずっとさせてるっていう事です。

ちょっとかわいそうですよね。
さっさとやめた方が良いと思います。


いかがでしたか?

しっかりとアセスメントをした上で通級や療育には通いましょう。

Branchでは、発達障害や不登校に関する情報を発信しています。
気になった方は、過去の記事もぜひご覧ください。


ライター&インタビュアー:中里祐次

Branch代表。早稲田大学卒業後、㈱サイバーエージェント入社。子会社の役員など約7年勤めた後にサイバーエージェントから投資を受ける形で独立。自分の子どもがレゴが好きで、東大レゴ部の方に会いに行った時に目をキラキラさせていたのを見てこのサービスを思いつきました。好きなことは、漫画やアニメを見ること、音楽を聞くこと、サウナ、トレイルランニング、かなり多趣味です。Branchの子どもたちに鍛えられて子どもが好きな遊びはたいていできるようになりました。

【Branch公式LINE】役立つ子育て情報を配信中!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる